エコカラットの使用上の注意とは

室内環境を快適に保つことができるエコカラットは焼き物素材なので、扱いには注意も必要です。

衝撃を受けることのないようにある程度の高さに設置することも必要となります。
釘を打ったりしても割れることがあるので避けた方が無難です。
またペットが爪とぎをすると傷がつくので、その点にも考慮することになります。

また珪藻土の数倍の吸湿性を持つものですが、水を直接吸収することが無いように洗面所などでの設置も控えた方が良いものです。

また吸収した湿気を放出するために、ある程度の風が必要となることから、湿気がこもりやすく風通しも悪い場所は避けた方が無難です。


収納の奥などどうしても設置したい場合には、こまめに扇風機などで風を送る手間をかけることが必要となります。また、エコカラットは臭いと共に有害物質も吸着する機能を持ちます。

掲示板の便利な情報を集めたサイトです。

VOCやホルムアルデヒドなどを除去する機能を持つわけですが、その放出は湿気よりも少しずつとなります。



そのために、スプレーなどの揮発性の高いものを近くで使用すると、肝心の有害物質を吸収する能力を失うことにもなりかねないので気をつける必要があります。

また調味料やクレヨンなどの脂分も吸い込んでしまうので、そのような汚れがつかないように配慮することも大切です。
このような配慮をした上で利用することによって、素材の持つ機能だけで室内環境を快適に保つことができるわけです。

その意味ではエコカラットなかなりエコな建築素材となります。